健康的な身体を手に入れよう|いびきの治し方から話題の温活まで

ウーマン

更年期障害を予防するには

女の人

加齢以外の原因

女性の体を司っている大事なホルモンが女性ホルモンです。男性にはない肌や体つき、柔らかい性格も、女性ホルモンが作っています。しかし、女性ホルモンは、年齢を重ねると減少することが分かっています。特に閉経が近くなると生殖機能が衰えて少なくなり、それが原因で更年期障害になるので要注意です。加齢以外でも女性ホルモンが少なくなる原因は沢山あります。具体的には栄養不足、運動不足、睡眠不足、喫煙、ストレスなどです。そうした原因が重なると、20代や30代で若年性更年期障害になることもります。若い人ほど更年期障害の症状が重くなりやすく、治りにくいと言われています。思い当たることがあったら、改善していくことが大切です。

毎日できることからする

更年期障害の予防や改善のためには、女性ホルモン・エストロゲンを増やす努力をすることが大切です。エストロゲンは「サプリメント」や「食品」で増やすことが可能です。エストロゲンのサプリメントなら調理をする必要がなく、簡単に増やすことができます。食品であれば、豆乳などの大豆加工食品がお勧めです。大豆胚芽に含まれるポリフェノールには、エストロゲンの活性化効果があるからです。日常生活の中では、早寝早起きをして規則正しい生活リズムを繰り返すことが大切です。そうすればエストロゲンの減少を食い止めることができます。このようにエストロゲンを増やすことは美容や健康にとても良く、女性にとっていいこと尽くめの効果があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加